産活③

なかなか人に聞けない話、行きます。

◆妊娠中の性交渉◆

結論から言えば、よほど激しい刺激を与えない限り、性交渉そのものが原因で流産・早産することは少ないようです。もちろん100%大丈夫と保証されるものではありません。

こわいのは   感染症   です。

例えば、自覚症状が出にくい『クラミジア』に母体が感染していると、早産のリスクを上げ、分娩時に赤ちゃんに結膜炎や肺炎を起こす可能性が出てきます。

その他にも注意したいことをあげておきます

  • 感染予防のためのコンドーム
  • 妊娠18週くらいまでは特に控える
  • 安静の指示があるなら絶対にダメ✖️
  • いつも以上に衛生的に
  • 前置胎盤や低地胎盤の場合は✖️
  • 出血がある場合は✖️
  • 精液が子宮収縮を起こすことがある
  • 子宮頸管が短くなっていると✖️
  • 乳棒を刺激すると子宮収縮するので✖️
  • 32〜36週は特に子宮収縮を起こしやすい

ダメダメダメダメ書いてしまいましたが、妊娠中は性欲にも変化があると言われています!

初期はつわりなどにより低下し、中期は性欲が高まり、後期はまた低下する傾向があるようです!

また、なんてったって、妊娠中は情緒不安定になる方がほとんど!!!

情緒不安定を一度も感じずに出産を迎える方は少ないのではないでしょうか。

なので、大切にしたい夫婦のコミュニケーションなのです(╹◡╹)♡(╹◡╹)

性交渉ができない時期でも、しっかりとスキンシップをとって、特にご主人さんが奥様をしっかり支えてあげてほしいところです✨

女性ホルモンの激動は、想像以上に心や体に大きな影響を与えます。


山口に車で帰ってきました!休み休み来るので毎回6時間かかります😳😳😳でも癒しの山口に帰れると思うと、頑張れます💪🏻✨

いま夜の10時ですが、窓を開けてカエルの声を聞きながら寝るこの時間が、本当に本当に癒しです🐸🐸🐸

山口県山口市

子宝相談が出来る漢方薬店【山一薬舗 】

ホームページ→ http://yamaichi-3a.com/

【赤ちゃんが欲しい方へ】をクリック📱✨